筋トレ最短効果


老化と共に筋肉や体の機能が低下していく!


人は何もしないでいると加齢と共に、
筋肉などを含め体のあらゆる機能が低下してしまいます。

 

 

これを放っておくとアッという間に老化は進み、
健康や美容、ダイエットなどのあらゆる面で
不本意な状況を招いてしまいますので、早めの対策をしていきましょう。

30代の時点で腹筋は相当衰えている!!

人は体の老化に伴って、まず筋肉が落ちていきます。
その中で最も衰えやすいのが腹筋です。

これは30代くらいの時点でも相当衰えている可能性が高く、
お腹が出てきやすいのも腹筋の機能低下によるところも大きいのです。

そして背筋や脚などの大きな筋肉も同様に減少し衰えていきます。

これらが少なくなってしまうと基礎代謝が下がり、
脂肪の蓄積に歯止めをかけることが出来なくなってしまう為、
あっという間に太ってしまうのです。

例えば年を取ってくると、食べる量は増えていないのに
何故か体重がどんどん増えてきているという事は往々にしてあります。

これは筋肉量の減少に伴って代謝が悪くなり、
体が消費できるカロリーの量も少なくなってしまうからです。

ですから、何となくお腹が出てきたとか
太りやすくなってきたと感じたら老化のサイン。

早めの対策を行うべきですが、そのためには筋トレを中心とした
エクササイズを始めることが一番効果的です。

加齢は生命維持に必要な様々なホルモンも減少させる

減ってしまうのは筋肉だけではありません。

脳や皮膚などの細胞の修復・合成に必要な成長ホルモンの分泌も
加齢と共に著しく減少していくのです。

これが減ってしまうと記憶力の低下や肌細胞の老化などを招き、
さらに脂肪を溜め込みやすくなり、筋肉量や骨量の減少させます。

また、疲れやすくなったり、動脈硬化や高血圧などの病気を引き起こす可能性も。

しかも精神面では情緒不安定になったりするなど、
身体や精神に重大な影響を及ぼす、人間が生きていく為に欠かせない物質なのです。

加齢による成長ホルモン分泌量減少の対策としては、
意識的にこれを増やす努力をするほかありません。

成長ホルモンは睡眠時と筋トレ直後に分泌されますから、
定期的にトレーニングを行い、夜はしっかり眠る生活を心がけた方が良いでしょう。

 

それから男性ホルモンと言われるテストステロンも加齢によって少なくなります。

これが減ると内臓脂肪が増加したり記憶力・集中力の低下を招き、
不眠やイライラの原因にもなります。

さらにやる気が出なくなったり、不安感に襲われたりする可能性があります。

このテストステロンも運動や食事によって分泌量を増加させることが出来るので、
ぜひ筋トレは習慣にしてほしいとおもいます。

老化が進むとあらゆる身体能力が低下していく

このように筋肉が落ちたり、生命活動に必要なホルモンが減れば
当然、日常生活に支障が出てきます。

心肺機能が低下したり疲れやすくなったり、皮膚感覚も鈍っていきます。

老化を防ぎ、常に健康で若々しくいるためには
やはり運動と食事をバランスよく行い、
それを日々継続させていくことが最も効果的ですので、
ぜひ意識してみてください。

筋トレ初心者教材

いつもありがとうございます。あなたの「いいね!」が私のやる気の源です!!
 ←応援クリックよろしくお願いします^^

「筋トレダイエットで細マッチョ!!」痩せるメールマガジン配信中!


痩せるメルマガ

お名前(性)
メールアドレス


当サイト売れ筋ダイエットアイテム

メンズボディデザイン


パーフェクトシットアップ


千年酵素


すべて「筋トレダイエットで細マッチョ!」管理人のTAKAが
実際に購入して使用したものだけを厳選して紹介しています!



私も愛用中の食べながら痩せる「千年酵素」


千年酵素レビュー

千年酵素の効果口コミレビューはコチラ

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ


このページの先頭へ