筋トレ最短効果


ダイエットを始める時期は春が最適!今がベストタイミング!


ダイエットタイミング時期

4月に入り暖かくなって、いよいよらしい季節になってきましたね。

これから夏に向けてどんどん露出が増えていきますから、
そろそろダイエットを意識し始める人は多いようです。

ダイエットで望む結果を出す為には約3ヶ月くらいは必要になりますから、
ちょうど春先の今時期から筋トレやダイエットに取り組むのがベストタイミングと言えるでしょう。

冬の間にたっぷりついてしまった脂肪も春からしっかりとトレーニングを行えば、
夏までには必ずダイエットを成功させることができます

正しい方法を知った上で行動を起こせば、
必ず結果を手にすることができるものですので、
このブログを見ているあなたにはぜひ前向きに取り組んでもらいたいですね。

 

ということで、今回はいつもブログやメルマガで言っていることですが、
これから夏に向けて痩せるために取り組むべき内容をおさらいしておきたいと思います。

筋トレなど筋肉を鍛える運動を必ず行う

まずはなんと言っても筋トレです。強度の高いトレーニングなら週2〜3回で十分ですし、
1回のトレーニングも30分から1時間程度あればこなせます。

筋肉を鍛えることで基礎代謝が上がり痩せやすい体になると同時に、
綺麗なボディラインを作ることができますので、
男性だけでなく女性にもしっかり行ってもらいたい運動です。

基礎代謝のさらに詳しい解説はコチラ

筋トレ後の有酸素運動で脂肪を効率良く燃やす

そして可能であれば筋トレ後に有酸素運動を行うと、
さらに脂肪は早く燃焼されダイエットがスピーディーになります。

なぜ筋トレ後に有酸素運動を行うのかというと、
先に筋肉を鍛えておく事で成長ホルモンが分泌され、
その後有酸素運動を行うと速やかに脂肪燃焼が始まるからなのです。

ダイエットに効果のある正しい有酸素運動の方法とは!?

ちなみに有酸素運動は筋トレと違って、毎日行っても問題ありませんので、
簡単なウォーキングやジョギングにチャレンジしてみてください。
ストレス解消にもとっても有効ですよ^^

本気のダイエットに食事制限は必須!でも食べないのもNG!

ダイエットを成功させる為には運動で消費カロリーを増やすのと同時に、
食事の量をコントロールして摂取カロリーを減らさなければなりません。

極端に運動量が多い人であれば、特に食事制限は必要ありませんが、
アスリートでも無い限りはある程度
食事量に気を使わなければなかなか痩せることは難しいでしょう。

 

しかしだからと言って、なんでもかんでも
食べる量を減らせば良いということではありません。

断食などの極端な食事制限は代謝が下がるので、
太りやすい体質に変化しリバウンドしてしまうリスクもあるからなんですね。

 

健康的に痩せるためにはカロリーは減らしつつ、
しっかりと栄養は摂取すること。

手近でできる方法としては、
野菜の量を豊富にして炭水化物の量を減らすなどです。

それから肥満だけでなく老化も招いてしまう食品である、
砂糖を使ったケーキやお菓子などの食べ物を徹底して排除することも有効。

食べるものは食べる、無駄なものは食べない、
というポイントをしっかり見極めて食事をコントロールすれば
ダイエットの成功はより実現に近づいていきます。

 

ただ理屈はわかるけど実際それがなかなか難しく、
甘いものも好きでどうしても栄養バランスも偏ってしまう・・・。

そんな人も多いと思いますが、そういうときはサプリメントとか
酵素ドリンクを活用するのが良いと思います。

完全に頼り切るのは良くありませんが、
私も実際にこういったものを沢山使ってますし、
補助的に取り入れる分には良いと思いますよ^^

炭水化物を脂肪に変えないサプリメント

 

このように運動と食事をバランス良くコントロールしていけば、
あとはこのブログで説明しているような方法で
夏までにダイエットを成功させることは絶対にできます。

ぜひチャレンジしてみてくださいね^^

筋トレ初心者教材

いつもありがとうございます。あなたの「いいね!」が私のやる気の源です!!
 ←応援クリックよろしくお願いします^^

「筋トレダイエットで細マッチョ!!」痩せるメールマガジン配信中!


痩せるメルマガ

お名前(性)
メールアドレス


当サイト売れ筋ダイエットアイテム

メンズボディデザイン


パーフェクトシットアップ


千年酵素


すべて「筋トレダイエットで細マッチョ!」管理人のTAKAが
実際に購入して使用したものだけを厳選して紹介しています!



私も愛用中の食べながら痩せる「千年酵素」


千年酵素レビュー

千年酵素の効果口コミレビューはコチラ

タグ


2014年4月2日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ブログ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ


このページの先頭へ