筋トレ最短効果


プロテインおすすめ比較ランキング!!


プロテインおすすめ

これまで私は様々なメーカーのプロテインを使用してきました。
このサイトでも何度かおすすめプロテインを紹介してきましたが、
かなり情報量が多くなってきましたので、
改めてプロテインについてまとめてみたいと思います。

 

今回は今まで私が使用してきたプロテインの中で値段や質などを考慮した上で、
オススメ順にランキング形式で比較していきます。

では早速参りましょう!!

 

海外で売れ筋の定番プロテイン

ゴールドスタンダード プロテイン

ゴールドスタンダードプロテイン

つぎにオススメなのが、アメリカなど海外で非常に人気が高いと言われている、
ゴールドスタンダードというプロテインです。

そして、一食あたりのタンパク質含有量も24gとなっているので、
コスパと品質は滅茶苦茶いいです。

 

特にゴールドスタンダードの素晴らしいところは、
BCAAやグルタミンも高含有なので、
これひとつでもかなりのパフォーマンスアップが期待できるところですね。

味も美味しくて飲みやすいです^^

 

ちなみにゴールドスタンダードのパッケージは爆弾のような容器で、
かなりインパクトがあってカッコいいですね。

現在イチオシの海外製プロテインです。

ゴールドスタンダードの販売店はコチラ

値段・品質ともに文句なしのプロテイン!!

ビーレジェンドプロテイン

ビーレジェンドプロテイン

比較的マイナーなブランドですが、その分広告費が商品に上乗せされていないため、
非常にコストパフォーマンスに優れていて、質も良い国産プロテインです。

 

タンパク質含有量も1食あたりしっかり20g以上確保されていますし、
筋肉合成には欠かせないビタミン群もバッチリ。

味も飲みやすくて溶けやすいですし、
私は牛乳と混ぜて毎日ゴクゴク飲んでいますよ^^

 

そして何と言っても超激安なところがビーレジェンドプロテインの最大のメリット。

だって、1kgあたり2600円から買えちゃうんですからね!!

 

これは某有名プロテインメーカーの半額くらいの安さだと思いますよ。

それに成分表を比べてみても、
それら王手メーカーには全く劣っていないということが素晴らしいです。

今まで色々なプロテインを使用してきましたけれど、
ビーレジェンドも筋肉の付き方はかなりいいです。

ビーレジェンド販売店はコチラ

激安WPIプロテイン

バルクスポーツアイソプロ

バルクスポーツアイソプロ

タンパク質含有率90%で脂質やタンパク質をカットしたいというユーザーにオススメな
プロテインならバルクスポーツが安くてオススメですね。

一般的なプロテインはWPC(ホエイプロテインコンセントレート)なのですが、
このバルクスポーツはWPI(ホエイプロテインアイソレート)仕様になっており、

さらに脂肪やラクトースを除去しているので、
タンパク質含有率を高く保持できるのです。

某有名なメーカーでタンパク質含有率が90%以上のものを買うとなると、
バルクスポーツよりも数千円は高くなるでしょう。

 

味はまあまあで、ココアやバニラなどは牛乳などと割って飲むと美味しく飲めます。
ナチュラルの場合はグレープフルーツジュースと混ぜるのがオススメですね。

ただ、どちらかというと先に紹介した2つのプロテインの方が
美味しいと思います。

このタイプのプロテインはダイエット中で炭水化物や脂質を
出来る限り排除したいという時に飲むと良いでしょう。

バルクスポーツアイソプロの購入はコチラ

 

ということで、私はこれら以外にも色々なメーカーのプロテインを
購入して試してみたのですが、
総合的に見るとこの3つのプロテインが非常にオススメできるという結論に至りました。

値段的にもこの3つのプロテインはかなり安いタイプになりますので、
どれを選んでも続けやすいと思います^^

筋トレ初心者教材

いつもありがとうございます。あなたの「いいね!」が私のやる気の源です!!
 ←応援クリックよろしくお願いします^^

「筋トレダイエットで細マッチョ!!」痩せるメールマガジン配信中!


痩せるメルマガ

お名前(性)
メールアドレス


当サイト売れ筋ダイエットアイテム

メンズボディデザイン


パーフェクトシットアップ


千年酵素


すべて「筋トレダイエットで細マッチョ!」管理人のTAKAが
実際に購入して使用したものだけを厳選して紹介しています!



私も愛用中の食べながら痩せる「千年酵素」


千年酵素レビュー

千年酵素の効果口コミレビューはコチラ

タグ


2013年8月20日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:プロテイン

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ


このページの先頭へ