筋トレ最短効果


ダイエットのリバウンド防止のための考え方(生活習慣編)


ダイエットリバウンド防止

ダイエットを行う上で
一番気をつけなければならないこと、それは

「リバウンド」です。

 

筋トレを中心とした正しいダイエット法を実践すれば
短期間で痩せることも全然難しくはないのですが、
やはりどんな人でもリバウンドには注意していかなければなりません。

このブログでもリバウンドに関しては
様々な視点で何度か解説してきていますが、

今回は、今までとは少し違った角度から
理想の体型を維持し続けるための
リバウンド防止策をお話したいと思います。

 

まず、今現在太っている場合は、
なんとか短期間で痩せたいという風に
考えている場合が多いと思いますが、

そういう人ほど実はダイエットに成功したとしても
最もリバウンドが起こりやすい
ので、
ぜひチェックしてもらいたいですね。

 

というのも、

リバウンドというのは身体の細胞レベルで
体質が変わっていないため起こるのです。

つまり、一度ダイエットに成功したからといって
そこでやめてしまうと細胞は変わっていないため、
またすぐに元の体型に戻ってしまいます。

ですから、リバウンドを防止したいなら、
細胞レベルで体質を変えていかなければならないのです。

 

では、一体どうすればリバウンドを防止するために
体質を変えていったら良いのかというと、

それは、筋トレなどの運動を習慣にすること。

多くの人はダイエット期間中は頑張って運動したり、
食事制限を行います。

しかし、痩せた途端にそれ以前の生活習慣に戻してしまうと
あっという間に太ってしまう。

これがリバウンドの典型的なパターンです。

 

急激に生活習慣を変えたり、身体に無理をかけたことの反作用として
リバウンドという現象が引き起こされますので、

ダイエット期間と同じ生活を継続することが
リバウンド防止策には最も効果的ということです。

 

例えばファスティングダイエットという言葉がありますが、

これは10日間くらいプチ断食を行って、
短期間で痩せるというテクニックです。

 

確かにファスティングはその名の通り、
スピーディーに痩せる効果はかなり期待できるのですが、
その半面、リバウンドのリスクはメチャクチャあります。

先ほどの話に当てはめると、食生活を急激に変えた上に
身体にストレスをかけているわけですから、
元の生活習慣に戻したときにかなりの反動が現われるんですね。

 

しかし、筋トレダイエットの場合であれば、
運動をやめない限りは食べ物はしっかり食べても
そう簡単にリバウンドをすることはありません。

食事制限だと相当ストレスがかかりますから、
我慢しきれなくなってドカ食いした瞬間に
想像以上のリバウンドが襲い掛かります。

こういった理由から筋トレを中心に行い、
それを習慣とするダイエット法をおすすめしているんですね^^

 

もし、ファスティングダイエットを行いたいという場合であれば、
必ず筋トレなどの運動を並行して行った方が良いです。

私も酵素を使ったファスティングは取り入れていますが、
ちゃんと日常的に運動していればリバウンドはしませんよ。

ちなみに私が愛用している酵素はコチラ。
私の場合は断食は一切やりません。食欲旺盛なので^^

千年酵素ファスティングダイエットの解説

 

ということで、リバウンドを防止するためには
筋トレなど運動を習慣とすることなのですが、

それを継続する一番の秘訣はトレーニングを好きになることです。

私も楽しみながら筋トレすることを覚えてからは
肉体改造がどんどんスピードアップしていきましたし、
一旦痩せてからは全くリバウンドしなくなりましたからね^^

 

今では筋トレやスポーツが趣味にまでなっているので、
逆に運動しない日が長く続くとストレスになっているくらいです。

もともと運動嫌いだった私でも、しっかりと習慣づける意識を持てば
ガラリとライフスタイルを変えることは可能ですので、
ぜひチャレンジしてみてくださいね^^

筋トレ初心者教材

いつもありがとうございます。あなたの「いいね!」が私のやる気の源です!!
 ←応援クリックよろしくお願いします^^

「筋トレダイエットで細マッチョ!!」痩せるメールマガジン配信中!


痩せるメルマガ

お名前(性)
メールアドレス


当サイト売れ筋ダイエットアイテム

メンズボディデザイン


パーフェクトシットアップ


千年酵素


すべて「筋トレダイエットで細マッチョ!」管理人のTAKAが
実際に購入して使用したものだけを厳選して紹介しています!



私も愛用中の食べながら痩せる「千年酵素」


千年酵素レビュー

千年酵素の効果口コミレビューはコチラ

タグ


2013年7月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リバウンド

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ


このページの先頭へ