筋トレ最短効果


腹筋を割るための方法をまとめてみました!!


がっちり割れた6パックの腹筋。
誰もが憧れる理想のお腹ですよね。
私自身もまだまだではありますが、
ある程度割れてはいます。

 

では腹筋が割るためには
どのようなことを行っていけばよいのでしょうか!?

その答えは非常にシンプルです。

お腹周りの脂肪を落として腹筋を大きくしていくということ。

いくら腹筋を鍛えて大きくさせても
その周りについている脂肪の量が多かったら
筋肉が前に出てくることは絶対にありませんから、

脂肪燃焼と筋肥大を同時に行っていくことが必要になります。

じゃあそれを効率的に実現していく為にはどうすれば良いのかというと、
定番のこれらのメニューをこなしていくことになりますね。

1.筋トレ

まずはもちろん腹筋トレーニングですね。

ここでは腹筋を割るという目的なので、
集中的に鍛えていった方が良いでしょう。

一般的な腹筋運動であるクランチでお腹全体、
両脚を持ち上げるレッグレイズで下腹、
サイドベントなどで横腹などそれぞれの部位を鍛え上げていきます。

ちなみに腹筋の場合は他の部位と比べて
筋繊維が損傷しづらいと言われており、
よほどひどい筋肉痛でなければ、毎日行っても大丈夫です。

さらにこれは私の経験上の持論ですが、
ある程度お腹周りが鍛えられていると、

多少サボったり食べ過ぎて弛んできても
2、3日ガッチリトレーニングしてあげればすぐに
凹むようになってきます。

2.有酸素運動

体全体の脂肪を直接撃退するなら
有酸素運動もできるだけ行ってあげると良いですね。

もちろん普段から筋力アップさせておくことが大事なんですが、

その上でウォーキングやジョギングを行えば
みるみるうちに体脂肪は落ちてきますよ。

余裕があれば週に何回か30分から1時間程度、
有酸素運動を行ってみると効果を実感できるでしょう。

3.ドローイン

常にお腹を凹ますことを意識するドローインが
腹筋割りには必須です。

歩いているときや机に座っているとき、
どんなときでもお腹に力を入れて引っ込めることで
実際に腹筋割るために大きな効果を発揮します。

常にお腹に力を入れて凹ますだけなので
別に難しくも無いし、いつでもどこでもできますよね。

ちなみに普段ドローインをだけでもウォーキング30分程度の
カロリーが消費されると言われています。

4.減量(糖質制限)

あとはもちろん食事の量ですよね。
無理な減量は逆効果ですが、
必要以上にエネルギーを摂るのは良くありません。

普段から食事量が多くないという方は気にする必要はありませんが、
もし食べ過ぎているという実感があるなら、
少々気を使ったほうが良いでしょうね。

ちなみに減量の中でも糖質制限であれば
比較的ストレスが少なく脂肪を落とすことが出来ます。

内容としては炭水化物の量を減らすということ。

ここで、完全に糖質を摂らないのは
集中力の低下など普段の生活に支障をきたしてしまう可能性があるので、
あくまでも普段よりも“量を減らす”という方法をオススメします。

 

以上の内容を日々実践していただければ
かなり腹筋が割れる可能性が高くなります。

もちろん現在の状態にもよるので人によって時間差はあるかもしれませんが、
人が痩せていくメカニズムというものにそれほど個人差はありませんから、
ぜひ継続してトレーニングに取り組んでいってくださいね^^

超効率的自宅細マッチョスーパープログラム

いつもありがとうございます。あなたの「いいね!」が私のやる気の源です!!
 ←応援クリックよろしくお願いします^^

「筋トレダイエットで細マッチョ!!」痩せるメールマガジン配信中!


痩せるメルマガ

お名前(性)
メールアドレス


当サイト売れ筋ダイエットアイテム

メンズボディデザイン


パーフェクトシットアップ


千年酵素


すべて「筋トレダイエットで細マッチョ!」管理人のTAKAが
実際に購入して使用したものだけを厳選して紹介しています!



私も愛用中の食べながら痩せる「千年酵素」


千年酵素レビュー

千年酵素の効果口コミレビューはコチラ

タグ


2012年12月15日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:お腹

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ


このページの先頭へ