筋トレ最短効果


筋トレ時に分泌される成長ホルモンには若返りなどの恩恵がいっぱい!!


成長ホルモンは筋肉や
骨の成長を促す非常に重要な物質です。

 

 

筋トレや有酸素運動を行ったり、睡眠中に分泌される
この成長ホルモンですが、筋力アップ以外にもアンチエイジング(若返り)や
内臓脂肪を分解するダイエット効果、脳を活性化する作用があります。

今回はこの成長ホルモンの働きについて、
それぞれ詳しく見て行きたいと思います。

筋肉を増やす為の鍵となる成長ホルモン

まず当サイトのメインテーマである筋トレにおいて、
筋肉量を増やすために成長ホルモンは欠かせません。

トレーニングで傷ついた筋肉を修復し、
筋肥大させるための司令塔の役割を持ちます。

ですから、効率的に筋肉をつけたいのであれば
いかに成長ホルモンを分泌させるかというのがキーポイントになるのです。

筋トレのようなハードなウエイトトレーニング後の約3時間程度、
大量に成長ホルモンが分泌されると言われており、
トレーニングのやり方によっても分泌される量は変わってきます。

成長ホルモンが分泌されている時間帯にプロテインなどから
積極的にタンパク質を摂取することで筋肥大を加速させることが出来ます。

体脂肪の分解を促進させる働き

筋肉をつけるだけで無く、痩せるためのダイエットを
加速させるための重要な可能性も秘めています。

成長ホルモンは体脂肪を分解する効果が確認されているのです

そのメカニズムとしては、成長ホルモンが
脂肪細胞内の酵素であるホルモン感受性リパーゼを活性化し、
中性脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解し、血液中に放出させます。

ですから、効率よく成長ホルモンが分泌される筋トレを行い、
その後に分解された脂肪をエネルギー源として
マラソンなどの有酸素運動で直接燃やしてあげれば
ダイエット効果が加速するということなんです。

成長期なら身長を伸ばしたりバストアップの働きも

また、筋肉以外にも骨や皮膚などの
あらゆる細胞を新しく作る働きがありますので、
子供の成長期の段階では身長を伸びにも左右してきます。

タンパク質やカルシウムのような骨を形成する物質を
成長ホルモンが繋ぎ合わせる役目を果たすのです。

寝る子は育つとは良く言ったもので、
睡眠中、夜中の22時から2時頃には大量に成長ホルモンが
分泌されると言われていますから、
そういった面でも子供には夜更かしさせないことが大切です。

 

また、女性であればバストアップにも成長ホルモンは関連があります。

バストの中にはラクトゲン受容体という
授乳を促すホルモンが反応を起こすように促す器官が存在します。

ラクトゲン受容体は、一般的には10歳~30歳くらいで成熟するとされており、
中には生涯ラクトゲン受容体ができないという人もいるようですが、

もしこれが存在しているのであれば成長ホルモンの分泌を増やすことで、
成人してからでもバストアップを促進させる可能性があると言われています。

アンチエイジング(若返り)の作用

成長ホルモンが体の細胞をつくる働きがあることは前述した通りですが、
この物質は加齢と共に減少していきます。

そうなると疲れやすくなったり、肌のハリが無くなったりと
老化現象が表出してくることになるのですが、

そこで成長ホルモンの分泌を増やすことによって
老化を防止し、若返りを促す可能性があるとされています。

また、脳を活性化させ認知症などの
予防にも効果的
であると言われており、

心身ともに若々しくハツラツでいるためにも
成長ホルモンは欠かせない物質なのですね。

 

このように健康や若返りなどダイエット以外にも
幅広い恩恵がある成長ホルモンですから、
そういった副産物も期待しながら
筋トレや有酸素運動を行えば、今までよりもっと楽しくなるはずですよ。

筋トレ初心者教材

いつもありがとうございます。あなたの「いいね!」が私のやる気の源です!!
 ←応援クリックよろしくお願いします^^

「筋トレダイエットで細マッチョ!!」痩せるメールマガジン配信中!


痩せるメルマガ

お名前(性)
メールアドレス


当サイト売れ筋ダイエットアイテム

メンズボディデザイン


パーフェクトシットアップ


千年酵素


すべて「筋トレダイエットで細マッチョ!」管理人のTAKAが
実際に購入して使用したものだけを厳選して紹介しています!



私も愛用中の食べながら痩せる「千年酵素」


千年酵素レビュー

千年酵素の効果口コミレビューはコチラ

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ


このページの先頭へ