筋トレ最短効果


筋トレのインターバルは筋肥大を目指すなら短めに!!


インターバル

効率的な筋肥大を目指して筋トレを行うときは、
セット数に重点を置いて
トレーニングを行う人は多いと思いますが、
そのセット間の休憩である
インターバルの長さを意識したことはあるでしょうか??

筋トレを行う際はトレーニングの内容だけでなく、
このインターバルの時間の長さが効率よく筋肉をつけるために
実は大きく関わってくるのです。

インターバルの長さ

例えば筋肉を積極的に筋肥大させたい場合、
インターバルの長さは大体30秒から1分程度と短めに設定するのがベスト。

筋肥大させるにはできる限り筋肉を疲労させる必要があるので、
インターバルを短くすることで限界近くまで筋繊維を追い込みやすくなるからです。

 

また、筋肉が疲労すると成長ホルモンの分泌も活発になると言われていますから、
この点からも筋肥大の効果が期待できるのと、
さらには脂肪燃焼効果も同時に期待できますね。

 

長めのインターバル

逆に筋トレ時のインターバルを長く取った場合はどうなるのか。

この場合は筋肉をしっかり休めることで、次のセットを全力で行うことにより
筋力アップ、最大筋力の向上が狙えます。

 

ですから本当に力をつけたいときにはインターバルを長めに取る。
筋肥大させ見た目の筋肉をバッキバキにしたいのであれば
インターバルは短めに設定して追い込むと効果的でしょう。

 

ちなみに30秒よりもさらにインターバルを短くするとどうなるか。

これは筋持久力のアップに繋がります。

ただ、ここまで短いと大きなウエイトで連続させるのはかなり厳しいので、
軽い負荷で続けて行うような形になるでしょう。

ランナーやスポーツ選手などであれば目的に応じて、
このような筋持久力をアップさせるトレーニングと
インターバルを取り入れても良いかもしれませんね。

 

ただ、このサイトをご覧になっている方であれば、
恐らくは体脂肪を落としつつ筋肥大をさせることが目的だと思いますので、

筋トレ時のインターバルは30秒から1分くらいの
短めのものにするのが良いと思います。

 

フィットネスクラブなどに通っている男性を見ていると、
あまりにも長くインターバルを取りすぎている人が多いようです。

長いインターバル休憩

先述したように筋力アップを目的とした
トレーニングを選んでいるのなら問題ありませんが、
そうではなく、ただ疲れたから元気になるまで休んでいる人がほとんどです。

 

確かにインターバルを短くすると、かなり筋肉は疲れますし、
ウエイトを限界ギリギリにしたような場合は
ちょっと休んでもなかなか次のセットに持ち込む気力が出てこないかもしれません。

しかし、筋肥大を目的とした筋トレを行っているのであれば、
インターバルにまで意識を持っていかないと
時間と努力が非常にもったいないのです。

 

継続的に行う筋トレだからこそ、積み重ねていけば雲泥の差が生まれます。

もちろん無理は絶対に禁物ですが、
まだまだトレーニングで追い込む余力があるのなら
ぜひインターバルをきちんと設定し、
効率的な筋肥大ができるように心がけてみてください。

筋トレ初心者教材

いつもありがとうございます。あなたの「いいね!」が私のやる気の源です!!
 ←応援クリックよろしくお願いします^^

「筋トレダイエットで細マッチョ!!」痩せるメールマガジン配信中!


痩せるメルマガ

お名前(性)
メールアドレス


当サイト売れ筋ダイエットアイテム

メンズボディデザイン


パーフェクトシットアップ


千年酵素


すべて「筋トレダイエットで細マッチョ!」管理人のTAKAが
実際に購入して使用したものだけを厳選して紹介しています!



私も愛用中の食べながら痩せる「千年酵素」


千年酵素レビュー

千年酵素の効果口コミレビューはコチラ

タグ


2013年6月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:効率化

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ


このページの先頭へ