筋トレ最短効果


筋トレなど運動後の疲労回復に効く「アクティブレスト」のすすめ


筋トレやマラソン、激しいスポーツを行ったあと、
そのまま終了してしまうと安静を保っていても
なかなか疲労回復しないことを知っていましたか?

 

トレーニングなどの疲れが残った状態では
次の日の仕事などの活動に支障をきたしてしまいます。

ですから運動を行うたびにその日の疲れは
きっちりと回復させておきたいところ。

そこで効果が期待できるのが「アクティブレスト」という考え方です。

「疲労回復=体を休ませる」事と思いがちですが、
このアクティブレストは積極的に体を動かすこと、
つまり運動で疲れを取るという手法なのです。

なぜ体を動かすアクティブレストを行うと疲れが取れるのか??

「運動をして疲れているのにさらに運動するなんて、
余計疲れるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、

運動後に安静状態と軽運動を行った状態の2パターンでの比較実験結果では、
圧倒的にアクティブレストを行った方が血中乳酸除去率が高かったというデータがあります。

そもそも筋トレなどの運動後の疲労というのは、
筋肉に乳酸が溜まることによって引き起こされます。

そこでアクティブレストを行うことによって血行を促進し、
乳酸の除去を積極的に促すというメカニズムなのです。

一体どんな運動がアクティブレストになるのか?

では疲労を回復させる軽運動には何が適しているのでしょうか。

アクティブレストの基本は、行った運動と
類似している運動を軽めに行うことにあります。

筋トレを行った後は酷使した筋肉をほぐす為にストレッチを行ったり、
ほどよく筋肉を使うエアロビクスやダンス系のエクササイズがおすすめ。
マラソンのあとは軽いジョギングなどが良いでしょう。

基本的には有酸素運動やストレッチが
アクティブレストに適しているということですね。

日常生活の疲労回復にもアクティブレストは有効!

仕事や家事など日常生活でも当然ながら疲労は蓄積されていきますが、
これらの疲れを取り除くこともアクティブレストは有効です。

仮にデスクワークなどで殆ど体を動かさないような状態だと
同じ姿勢を続けることによって血行は悪くなっていきます。

そうなると疲労物質が体に溜まりやすく疲れも抜けないということになるのです。

そこでアクティブレストを行えば前述したとおり
血行を促進し疲労物質を除去する働きがありますので、
速やかに疲労回復させ疲れ知らずの体になります。

無理をせず気楽に出来る運動をトレーニング時や日常生活で取り入れれば
疲れを残す事無く毎日を快活に過ごすことが出来ますので、
ぜひ今日から取り入れてみてくださいね^^

筋トレ初心者教材

いつもありがとうございます。あなたの「いいね!」が私のやる気の源です!!
 ←応援クリックよろしくお願いします^^

「筋トレダイエットで細マッチョ!!」痩せるメールマガジン配信中!


痩せるメルマガ

お名前(性)
メールアドレス


当サイト売れ筋ダイエットアイテム

メンズボディデザイン


パーフェクトシットアップ


千年酵素


すべて「筋トレダイエットで細マッチョ!」管理人のTAKAが
実際に購入して使用したものだけを厳選して紹介しています!



私も愛用中の食べながら痩せる「千年酵素」


千年酵素レビュー

千年酵素の効果口コミレビューはコチラ

タグ


2013年3月8日 | コメント/トラックバック(1)|

カテゴリー:疲労回復

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント


コメントをどうぞ


このページの先頭へ